コンブチャマナを最安値で安全に購入するにはアマゾン?楽天?

コンブチャマナを購入するなら、最安値で買いたいと思うのはみんな同じ。ここでは、コンブチャマナを一番安く、そして安全に購入できるのはどこかをお伝えします。

結論から言うと、現在のところ、コンブチャマナを販売しているのは公式サイトのみです。

アマゾン、楽天、ヤフーショッピングなどECサイトではコンブチャマナは販売されていません。

コンブチャマナを最安値で安全に購入するには公式サイト

コンブチャマナが最もお得になる買い方

コンブチャマナを公式サイトで購入するには4つのコースがあります。

  • 1箱定期コース:初回980円(10日分) 2回目以降4,980円(30日分)+送料
  • 2箱定期コース:初回980円(10日分) 2回目以降7,980円(30日分)+送料
  • 単品購入:通常価格7,800円
  • 5箱セット購入:19,500円(50%OFF)

定期の初回・単品・5箱セットの3コースは送料が無料になります。

単品購入にする人はほとんどいないと思いますが、定期コース(1箱)、定期コース(2箱)、5箱セットでは、どれが一番お得になるでしょうか?

初回は10日分が980円で購入できるのですが、初回分は除外して、計算すると次のようになります。

すべてのコースで5箱買うとします。

定期コース(2箱)の場合は、2ヵ月購入後に、解約して定期コース(1箱)に変更

  • 定期コース(1箱)×5回 24,900円
  • 定期コース(2箱)×2回、定期コース(1箱)×1回 20,940円
  • 5箱セット 19,500円

やはり5箱セットで買うのが一番お得です。

でも、効果があるかどうかわからないうちに5箱まとめて買うのは勇気がいりますよね。

やっぱり定期コース(1箱)ではじめてみるのがよさそうです。

コンブチャマナを購入する人のほとんどは定期コース(1箱)にしているみたいですよ。

コンブチャマナの定期コースは以前は4回購入が条件だったようですが、今はいつでも解約できるみたいです。

だから、まずは1箱の定期コースでお試ししてみるのがいいのではないでしょうか?

コンブチャマナを最安値で安全に購入するには公式サイト

コンブチャマナの定期コースの解約について

「コンブチャマナの定期コースを解約したい」「一旦休止したい」場合は、「定期コース御注文確定のご連絡」というメールが届く前に連絡をすれば、そこで解約できます。

「定期コース御注文確定のご連絡」というメールが届いた場合は、翌月からの解約になります。

休止や解約、プラン変更はナチュラルヘルスケアのカスタマーサポートへのメールか電話で受け付けてくれます。

TEL:050-2018-2017 / 平日9:00-18:00受付

カスタマーサポート【cs@natural-healthcare.jp】

コンブチャマナの成分

オリゴ糖、ブルーベリ果汁末(ブルーベリー果汁、デキストリン)、水溶性食物繊維、有機アガベシロップ、リンゴ酢末、イソマルトオリゴ糖粉あめ、ガラクトオリゴ糖、植物発酵エキス(キウイフルーツ、オレンジ、リンゴ、バナナ、大豆、ゴマ、カシューナッツを含む)、カムカム果汁パウダー、ココナッツミルクパウダー(乳を含む)、香辛料、アサイー果汁末、L-シトルリン、ショウガ抽出物末、酵母エキス、ルイボス茶抽出エキス末、黒酵母抽出物、ローズヒップエキス、ハイビスカスエキス、ケフィア末(乳を含む)、植物性乳酸菌殺菌末、マキベリー果汁パウダー、穀物麹(白米、大麦、玄米、赤米、粟、ヒエ、キビ、タカキビ、黒米)、穀物麹(大麦、あわ、ひえ、きび、タカキビ、紫黒米、米粉)、青パパイヤエキス粉末、キウイフルーツ粉末、フルーツ果汁混合エキス末(デキストリン、ブルーベリー果汁、ブラックカーラント果汁、レッドラズベリー果汁、アロニア果汁、リンゴンベリー果汁、アサイー果汁末)、混合ハーブエキス(グアバ、ホーリーバジル、セスバニア、レモン皮、アムラ、ベニノキ種子)/クエン酸、ブドウ果皮色素、甘味料(ステビア)、カゼインナトリウム(乳を含む)

 

コンブチャマナに副作用や健康被害はある?

コンブチャマナに副作用や健康被害はあるのでしょうか?

コンブチャマナは薬ではありませんので、副作用というのは考えにくいです。実際にこれまでコンブチャマナを飲んで副作用や健康被害があったという報告はありません。

安心して飲むことができます。

ただし、飲むのを控えたほうがいい人もいます。

  • 原材料にアレルギーに該当するものがある人
  • 妊娠中もしくは授乳中の人
  • 乳幼児

そして薬を服用している人は医師に相談したほうがいいでしょう。

  • 薬を服用している人(特に利尿薬を服用されている場合)
  • 腎障害によりカリウム摂取を制限されている人
  • 糖尿病治療でインスリン投与などを受けられている人

コンブチャマナの口コミ

コンブチャマナの口コミ1

今までコンブチャでダイエットしていました。前に飲んでいたのはおいしかったのですが痩せませんでした。コンブチャマナに変えたら便秘も解消して体重が減りました。今の状態をキープしたいのでこれからもコンブチャマナを継続して飲んでいこうと思います。

 

コンブチャマナの口コミ2

仕事のつきあいで外食が多く、酵素ドリンク・コンブチャ・スムージーなどを試したことがあるのですが、今までダイエットを成功することができませんでした。でもコンブチャマナは持ち運びができるから、外出先でも飲んでいて、いい感じです。

 

コンブチャマナの口コミ3

ダイエットすると肌荒れをすぐにしてしまって、ダイエットをするのが怖かったのですが、コンブチャマナを飲むようになって、いつもならカサカサになるのに肌がしっとりしてきたんです。1か月で体重も落ちてきました。コンブチャマナのおかげで肌トラブルもなくダイエットができています。

 

コンブチャマナの口コミ4

コンブチャマナは運動をしなくても良いので、「楽そうでいいな」と思って始めました。でもやっぱり運動はしたほうがいいですね。コンブチャマナ+軽いウォーキングで普段履いているジーンズが段々ゆるくなってきました。コンブチャマナを飲み始めて2ヵ月したところで、体重を計ったら5キロ減量できていました。

 

コンブチャマナの口コミ5

3~4日出ないのが当たり前だった便秘が、コンブチャマナを飲んでよくなりました。毎朝お通じがあるので、気分いいですね。便秘が解消したら、ぽっこり出ていたお腹がへこんでウエストまわりがキュッとしました。

 

コンブチャマナの口コミ6

私はダイエットジプシーでいろんなダイエットを試してきました。しかしどれも失敗してばかり…。そんなある日、友達に勧められてコンブチャマナを始めました。体重が落ちただけでなく、肌に潤いがでてきたのがすごい嬉しいです。

 

コンブチャマナの口コミ7

コンブチャマナを飲み始めてまだ1ヶ月しか経っていないのに、3キロ痩せることができています。今まで自己流でやってきたダイエットでは、1キロ痩せるだけでも何か月もかかっていたのに、コンブチャマナの効果はすごいですね。

 

コンブチャマナの口コミ8

私は代謝が悪く、運動してもほとんど汗をかきませんでした。ですが、コンブチャマナを飲むようになってからは、家の掃除をしているだけでも汗が出るようになり、代謝がよくなったのかな?と感じています。ダイエット効果も期待できそうです。

 

コンブチャマナの口コミ9

コンブチャマナを飲んで、ウエストが6センチも細くなり、念願のくびれができました。コンブチャマナを飲む以前はお腹がぽっこりしていて、気に入った洋服を見つけても入らず、悲しい思いをしていました。ですがこれからはお気に入りの服も買えそうです。

 

コンブチャマナの口コミ10

もうすぐアラサーなのですが、未だに彼氏が出来たことがありませんでした。しかし、コンブチャマナを飲んで10キロ痩せてからは、自分に自信が持てるようになりました。職場の男性との会話もすすんでできるようになり、食事に誘われるようになりました。痩せただけでこんなにモテるなんてすごいです。コンブチャマナを買って正解でした。

 

コンブチャマナの口コミ11

コンブチャマナを飲むと、スリムな体型になれるだけでなく、肌までキレイになってビックリです。こんなことなら迷っていないで、さっさと購入しておけば良かったです。ダイエットすると、肌荒れしやすい人にはコンブチャマナは絶対おすすめです。

 

コンブチャマナの口コミ12

コンブチャマナは評価の高い口コミが多かったので、1週間程飲んでみたのですが、体重は変わっていません。1週間もあれば、「1㎏くらいは落とせるかな」と期待していたので、残念です。

 

コンブチャマナの口コミ13

コンブチャマナを飲んでお通じは良くなりましたが、ダイエット効果は実感できていません。まだ飲み始めて5日目なので、しばらく続けて様子を見てみようとは思いますが、今までいろんなダイエットに挑戦しても続かなかったので、コンブチャマナも続けられるかどうか不安です。

 

コンブチャマナの効果

コンブチャマナには次のような効果が期待されています。

  • デトックス効果
  • 脂肪燃焼効果
  • 美肌効果

コンブチャマナの効果は本当なのでしょうか?

「コンブチャ」とは紅茶キノコことで、ビフィズス菌が豊富に含まれています。

ビフィズス菌は腸内環境を正常化させる効果があります。

腸内環境よくなると、お通じが良くなり腸内に溜まった老廃物が体外に排出されます。

腸内環境が悪いと毒素が体内をめぐり、肌荒れなどさまざまな不調を引き起こします。

コンブチャマナには「ケフィア」と呼ばれる発酵乳も含まれています。

「ケフィア」には乳酸菌と酵母が含まれていて、乳酸菌と酵母のWパワーで腸まで届き、悪玉菌が増えるのを防ぎます。

さらに、100種類の厳選素材から作られた酵素も含まれています。

酵素を体外から摂取しても、体内酵素が増えることはありませんが、腸内細菌のエサとなり、善玉菌を増やすことで、腸内環境を整えてくれるのです。

コンブチャマナにはデトックス効果や腸内環境を整える効果があり、ダイエットや肌荒れによい影響をもたらしてくれるでしょう。

ケフィアの効能

ケフィアとは、美人の多い国として世界的に有名なコーカサス地方で1000~2000年前から飲まれ続けてきた発酵乳のこと。

コーカサスの山岳民族が山羊の乳を革袋に継ぎ足し入れて持ち歩くことで、自然界の乳酸菌と酵母が奇跡的なバランスで共生発酵してできたのが起源と言われています。

乳酸菌の働き

「善玉菌」の代表選手である乳酸菌。

乳酸菌は、糖類や炭水化物を発酵させて多くの乳酸や酢酸を作り出し腸内を酸性にし、腸内の有害となる菌「悪玉菌」の働きを抑えたり、病原菌が腸内への進入を防ぐなどの作用があります。

乳酸菌は悪玉菌の増殖を抑える

人間の腸内には、健康にとって良い働きをする「善玉菌」と、腐敗物質を生み出して害を与える「悪玉菌」、そのときに優勢なほうにつく「日和見菌」の3種類が存在しています。

腸内では善玉菌と悪玉菌がバランスをとりながら共生していて、善玉菌が優勢な腸内環境にすることが大切です。

腸内環境は乱れた食生活やストレス、加齢や過労からもバランスを崩してしまいます。

悪玉菌が優勢な状態が続くと腸内で有害物質が生み出され、便秘や下痢、肥満、老化の促進、血液の汚れやガンなどの原因にもなります。

腸内環境を整えて健康な体を維持するためには、善玉菌が優勢な腸内をつくることが大切です。

腸内環境がよくなると、便秘解消、美肌効果、免疫力を高める、大腸ガンの予防など健康維持をサポートします。

善玉菌が増える腸内環境にするには

善玉菌の代表といわれる乳酸菌は食べ物やコンブチャマナのようなサプリメントを通じて補給するのがお手軽です。

日頃から乳酸菌を摂取することを心掛けましょう。

善玉菌を多く含む食材

ヨーグルト、キムチ、チーズ、味噌、納豆、ぬか漬け

悪玉菌を多く含む食材

揚げ物、天ぷら、塩分が高めの食材、脂身の多い肉類、甘いもの

高タンパク質、高脂肪の食事を控え、発酵食品や食物繊維を豊富に摂取して、悪玉菌を増やさない食生活をなるべく心掛けることも重要です。

乳酸菌が豊富なケフィアを配合しているコンブチャマナのような、サプリメントから乳酸菌を摂取し、腸の健康を維持することもひとつの方法です。

1日に必要な乳酸菌の量は約20億個と言われています。

乳酸菌が豊富に含まれるヨーグルトに例えて200g~300g必要と、意外に多く、毎日となると意外に難しいものです。

ヨーグルトからの乳酸菌摂取が難しい場合、体の中にいるビフィズス菌を増殖させる方法があります。

増殖させる方法は良質のオリゴ糖を摂取することです。オリゴ糖はビフィズス菌のエサとなり、ビフィズス菌が活発になり増殖するからです。

その他、コンブチャマナのようなサプリメントを利用するのも良い方法です。

ケフィアが良い理由

ケフィアは複数の乳酸菌と複数の酵母が共生発酵して作られるため、菌の種類と量が通常のヨーグルトより断然多いのが特徴です。

生きたまま腸まで届き、乳酸菌と酵母の相乗効果により、腸内の善玉菌を効果的に増やしてくれます。

まさにケフィアはプロバイオティクス乳酸菌といえます。

プロバイオティクスとは

人体に良い影響を与える生きた微生物、またはそれを含む食品や製品がプロバイオティクス。

抗生物質のように菌を殺して身体を守るのではなく、有益な菌を積極的に増やすことで身体を守るという考えが根底にあります。

ケフィアは、乳酸菌だけでなく酵母が含まれていることも特徴です。

酵母とは

酵母は生きている微生物で食べ物に含まれる糖質をエサにして、アルコールと炭酸ガスに分解し分裂しながら成長していきます。

これが「発酵」です。

この過程で酵素(食べたものの消化・吸収や新陳代謝、便通などを促進する特殊なたんぱく質)を作り出します。

日本の食文化である味噌、醤油、酒、漬物をはじめ、酒、みりん、酢など、日本の食文化を特徴づける食品や調味料は酵母の作用(発酵)を利用して作られています。

ケフィアの主な効能・効果

ケフィアは複数の乳酸菌と複数の酵母が共生発酵して作られるため、菌の種類と量が極めて豊富です。

ケフィアには次のような効能が期待されます。

整腸作用(腸の働きを改善)

ケフィアに含まれた数種類の乳酸菌と酵母が、腸内の善玉菌の働きを応援し、悪玉菌の増殖を防ぎます。

腸内で優勢となった善玉菌は乳酸や酢酸を作りだし、腸を刺激することにより腸の働きが活性化され、腸内環境が正常になり便秘や下痢などを改善したり、炭水化物や脂質の代謝促進をサポートします。

また、腸内の老廃物を排出するデトックス効果によって、体内の宿便を排出してくれるため肥満防止も期待できます。

美肌効果(肌トラブルの改善)

腸内に余分な老廃物が蓄積していると、肌荒れやニキビ、吹き出物など肌トラブルを引き起こします。

悪玉菌が優勢な状況が続くと、大腸から栄養素が吸収されるのを妨げ、腸内で合成される各種ビタミンの量が減少してしまいます。

複数の乳酸菌が多く含まれているケフィアを継続して摂ることで、有害物質を腸内に貯め込まずに体外に出すので、新陳代謝が活発になり、新たな細胞が次々と生まれ美肌につながります。

免疫力の向上(自然治癒力を高める)

人間が備えている力で体の健康を維持し、雑菌やウイルスなどを撃退する抵抗する力を免疫力と言います。

栄養を吸収する腸は最大の免疫器官と言われ、細菌やウイルスが最も侵入しやすい器官でもあります。

乳酸菌が多く含まれているケフィアは、腸内の環境を整え善玉菌の数を増すことで悪玉菌の活動を押さえ込み、腸管免疫が増強された結果、雑菌やウイルスなどに対する優れた免疫力を発揮します。

基礎代謝量アップ(消化機能の促進)

ケフィアは複数の乳酸菌と酵母が発酵されて作られます。

この酵母は生きている微生物で、食べ物に含まれる糖質をエサにして、アルコールと炭酸ガスに分解しながら分裂し成長し酵素を生み出します。

消化酵素、代謝酵素の働きにより消化機能を促進させ代謝力を上げ、太りにくいカラダ作りに貢献します。

花粉症・アレルギー症状緩和(体質の改善)

アレルギーは、ヘルパーT細胞(Th1細胞とTh2細胞)のバランスが崩れることにより、花粉などのアレルゲンと反応するIgE抗体が過剰につくられることが原因と考えられています。

これらの体質改善に効果があるものとして注目されているのが乳酸菌です。

数種類の乳酸菌を含むケフィアなど乳酸菌を継続して摂ることで、このバランスを正常な状態に導いて、アレルギー体質改善に働きかけます。

また、この他にもコレステロールや中性脂肪を減らすといった、好影響もあります。

マキベリー

マキベリーは深い紫色をしたベリーの一種でチリ南部のパタゴニアが原産です。

先住民族のマプチェ族はマキベリーを下痢止めや抗炎症薬、解熱剤として使用してきたと言われています。

マキベリーにはポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富に含まれています。

その他にビタミンCや鉄分、カリウムなども豊富でとても栄養価の高いフルーツです。

またマキベリーのアントシアニンはほとんどが抗酸化力(=老化防止)の強いデルフィニジンで果物の中でも最高レベルのORAC値(活性酸素吸収能力値=抗酸化力の値)を誇ります。

ポリフェノールが豊富に含まれていて抗酸化力が強い果物で有名なのはアサイーですが、マキベリーはそのアサイーに比べてポリフェノールは5.4倍、ORAC値(抗酸化力)は7倍とされています。

アサイーはその栄養価からスーパーフルーツと言われていますが、それを超えるフルーツがマキベリーです。

マキベリーの効果・効能

美肌・美容効果

マキベリーの強い抗酸化力は肌の老化を防ぐ効果があり、シミやシワ、肌のたるみを防ぎ
紫外線から肌の細胞を守ってくれます。

アンチエイジング効果

活性酸素が増えると正常な細胞が破壊されますが、老化は細胞が酸化することにより促進されます。

マキベリーに含まれている抗酸化物質により、老化の原因の活性酸素を除去してくれます。

またコレステロールの酸化も防ぐので、心臓発作や脳卒中、動脈硬化といった症状を予防する効果も期待できます。

炎症を抑える効果

マキベリーは体内における炎症を抑える作用があります。

また細菌による炎症にも効果があり、のどの痛み、発熱、下痢、潰瘍の治療にも有効です。

ココナッツ

最近大流行の「ココナッツオイル」。

ココナッツオイル自体は昔からありましたが、大人気モデルのミランダ・カーが愛用していることや、テレビでの紹介がきっかけで大ブレークしましたね。

ココナッツオイルはココナッツの種子内部の胚乳から抽出されるヤシ油(やしゆ)のことです。

そしてココナッツオイルには大きく分けて「ココナッツオイル」と「ヴァージンココナッツオイル」の2種類があります。

ココナッツオイルとヴァージンココナッツオイルの違い

ココナッツオイルは温精製、漂白工程、脱臭工程等の生成過程において有効成分が破壊されます。

それに対してヴァージンココナッツオイルは無精製、無添加、非加熱抽出なので有効成分が破壊されずに残っています。

また、ココナッツオイルには「エクストラヴァージンココナッツオイル」というものがありますがヴァージンココナッツオイルよりもグレードが高いとされています。

ココナッツオイルを選ぶときは、「ヴァージンココナッツオイル」を選べば問題ありません。

ココナッツオイルのケトン体と中鎖脂肪酸について

中鎖脂肪酸

オイルには「脂肪酸」という成分があり、「中鎖脂肪酸」と「長鎖脂肪酸」とに分類できます。

中鎖脂肪酸はその名の通り長鎖脂肪酸に比べて長さが短く水に溶けやすい性質をしており約5倍も早くエネルギーに変換してくれます。

その為、中鎖脂肪酸は摂取しても太りにくいと言われています。

中鎖脂肪酸は母乳にも含まれていますが、ココナッツオイルには、約60%も含まれています。

ケトン体

アセトン、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸のことをまとめて「ケトン体」といいます。

ケトン体とは体のエネルギー源であり、ブドウ糖の代わりになるエネルギーです。

ケトン体は肝臓で脂肪が分解される時にできる成分で、脳のエネルギーにもなります。

ケトン食療法というものがありますが日本ではあまり知られていません。

海外では主に「てんかん」の治療方法として知られています。

ココナッツオイル効果効能

機能性食品としても知られているココナッツオイルには以下のような効能が確認されています。

糖尿病の予防

ココナッツオイルには生活習慣病である糖尿病予防が期待されます。

ココナッツオイルに豊富に含まれる中鎖脂肪酸がインスリンの分泌を改善してくれると言われています。

心臓血管疾患の予防改善

狭心症や心筋梗塞などの心臓血管疾患ですが、ココナッツオイルは心臓血管疾患の原因である悪玉コレステロールの低下やインスリン抵抗性の改善が期待できます。

消化吸収不良疾患の予防

ココナッツオイルに含まれている成分である中鎖脂肪酸は、すぐにエネルギーに変換でき、脂溶性の栄養分を素早く吸収してくれる作用があると言われています。

便秘の予防改善

ココナッツオイルには食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富です。

更に食品添加物を除去してくれる効果があります。その為、便秘の原因である「食物繊維不足」「腸内環境の悪化」を改善してくれる効果があります。

甲状腺機能の低下の改善

甲状腺には、甲状腺ホルモンを分泌する機能があり、体内の細胞の代謝を促進します。

ココナッツオイルには甲状腺ホルモンの分泌を適度に維持し、代謝を助けてくれる効果が期待できます。

アトピー改善、ニキビ対策

ココナッツオイルには「ラウリン酸」という免疫強化成分が含まれています。

これは母乳にも含まれている成分でアトピーだけでなくインフルエンザや感染症にも効果が期待されます。

敏感肌やアトピーで苦しんでいる方にはココナッツオイルがオススメです。

認知症・アルツハイマーの予防・改善

ココナッツオイルに含まれている中鎖脂肪酸から「ケトン体」ができ、このケトン体が脳のエネルギー源となってくれて、認知症の改善に効果があると考えられます。

冷え性改善

ココナッツオイルに含まれている豊富なビタミンEは血流を改善し、肩こりや冷え性の改善が期待されます。

コレステロール値を適正にしてくれる

コレステロールの値が高くなると心臓血管疾患や脳血管障害等のリスクが高まります。

ココナッツオイルには善玉コレステロールを増やし悪玉コレステロールを減らしてくれる効果が期待できます。

免疫力を高める

ココナッツオイルには母乳にも含まれているラウリン酸が豊富に含まれています。ラウリン酸には免疫系の機能を高めてくれます。

活性酸素の除去効果

ココナッツオイルに含まれている中鎖脂肪酸から作られるケトン体には老化の原因である活性酸素の産生を減らす効果があると言われています。

虫刺されや擦り傷、やけど

ココナッツオイルの殺菌作用で虫刺されや切り傷、やけどに対して治療薬としても利用できます。

カンジダ菌の殺菌

カンジダ菌とは、カビの一種であり、普通に人間の体に住み着いている常在菌の1つですが、カンジタ菌により体調不良や、カンジタ症を引き起こす原因になります。

ココナッツオイルにはカンジダ症の治療に使われるラウリン酸の他に「カプリル酸」と呼ばれる成分が含まれているため、カンジダ菌を殺菌する効果があります。

口内トラブル

ココナッツオイルに含まれている「ラウリン酸」の強い殺菌力で歯周病の予防や口臭の予防にも有効です。

美肌効果

ココナッツオイルには殺菌作用や新陳代謝を促すミネラルやビタミン類が多く含まれています。

これらは美肌作りに重要な働きをもつ成分。さらに、ココナッツオイルの抗菌作用とサンプロテクト効果でお肌のトラブルも予防してくれます。

ヘアケア・頭皮のケア

ココナッツオイルに含まれている中鎖脂肪酸は分子量が小さい為、肌や髪の毛に浸透しやすく、乾燥を防ぎ保湿に優れています。

ダイエット

ココナッツオイルの主成分である中鎖脂肪酸は一般的な植物油よりも消化吸収は約4倍、代謝は約10倍も早く、脂肪として蓄積されません。

ココナッツオイルは体内でエネルギーになりやすく栄養価が高い。そして代謝も優れていることから別名「痩せるオイル」とも言われています。

ココナッツオイルの副作用について

ココナッツオイルは天然成分で、薬ではありませんので基本的には副作用などはありませんが、希に、過剰に摂取することで以下のような症状がでる場合があります。

・食欲不振
・頭痛
・めまい
・吐き気 等

これらの症状を感じたら、摂取を控えたほうがいいでしょう。

ちなみにココナッツオイルの一日の摂取量は大さじ2杯程度です。

ココナッツオイルのアレルギーについて

ココナッツオイルに副作用は基本的にはありませんが、アレルギー体質の方は使用前にパッチテストを行ってから使用したほうが良いでしょう。

特に体などに塗って使用する場合は、体の背中や二の腕の内側などに少量を付けてみてから徐々に量を増やしてください。

ココナッツオイルを配合している化粧品などもありますが、アレルギーで以下のような症状が出る場合もあると言われています。

・赤く腫れる
・かぶれ
・激しいかゆみ

これらのような症状が出た場合は使用を中止し、皮膚科を受診しましょう。

カムカム

カムカムは南アフリカ西部のペルー、アマゾン川上流付近で栽培されているフルーツで、以前までは他国への輸出が禁じられていました。

近年は解禁されましたが、大手スーパーなどの店頭に並んでいるのを見かける事はほとんどないので、まだまだ未知のフルーツです。

カムカムは一般的に生で食べることはありません。

カムカムは強力な酸味のあるフルーツで、完熟するといくらか酸味が和らいで甘味が増すとは言え、フルーツとして生で食べるには向いていません。

カムカムが注目されるようになった理由は、カムカムに含まれているビタミンCが現存している植物の中では最も多いからです。

カムカムの実100g中に2800mgものビタミンC が含まれていて、ビタミンCが豊富と言われている

  • レモンの約56倍
  • アセロラの約17倍
  • いちごやキウイの約40倍

のビタミンCを含んでいます。

ビタミンCはストレスや紫外線、喫煙による細胞のダメージを軽減して、美肌や免疫力の向上に有効です。

カムカムにはビタミンCの他にもたくさんの栄養分が含まれています。

ビタミンB1、B2、ナイアシン

エネルギーを作り出すには欠かせないビタミン

クエン酸

疲労回復や老化予防に効果的、体の中でミネラルの吸収を助けます。

ポリフェノール

抗酸化作用がある事で知られている成分で体の酸化を防ぎます。

エラグ酸

美白成分でメラニンの働きを抑制して、健やかな肌を保つ働きがあります。

これらの栄養分が豊富に含まれているだけではなく、カムカムの旬の時期の12月から5月にかけて収穫されたものは、特に栄養価が高くなります。

カムカムの健康効果

免疫力をアップ

カムカムに最も多く含まれているビタミンCによって血液中の白血球とナチュラルキラー細胞の働きが高まり、体の外から侵入してきた最近やウイルスを撃退します。

またビタミンCは免疫力アップ効果があり、風邪などの感染症を予防して、体の回復を早めてくれる効果があります。

ストレス耐性を強化する

ドーパミンやアドレナリンなどの神経伝達物質と、ストレスを和らげる副腎皮質ホルモンの合成をサポートするので、ストレスに対する抵抗力が高まります。

美肌、美白効果

豊富なビタミンCはシミやそばかすを予防して、コラーゲンの生成にも関わるので、ハリのある若々しい肌づくりに役立ちます。

ビタミンCそのものが、シミやそばかすの原因になるチロシンの働きを抑制して、メラニン色素の沈着を防止するので、美白効果も期待されます。

さらにビタミンCには抗炎症効果もあるので、日焼けによる肌の炎症も治まりやすくなります。

カムカムに含まれる栄養成分には、細胞の新陳代謝を活性化させて肌や爪、髪の毛の女性らしい健康もサポートしてくれます。

丈夫な体を作る

ビタミンCはコラーゲンの生成を促す効果があります。コラーゲンは体の組織や細胞に対して接着材のような働きをするので、骨や血管を丈夫にしてくれます。

悪玉コレステロールを下げる

カムカムに含まれる成分には、血中の悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

疲労回復

カムカムに含まれているクエン酸には乳酸を分解する働きがあります。

分解してエネルギーに変換するので、疲労の蓄積の予防と疲労回復に有効です。

アサイー

アサイーとはブラジル原産のスーパーフルーツ。ヤシ科の植物で直径1cmほどの実がなります。アサイーベリーとも呼ばれます。

食べられる部分はわずか5%ほどしかありません。

しかしその栄養価の高さから、「アマゾンのミルク」「ミラクルフルーツ」などと呼ばれています。

この小さな実にはフルーツとは思えないほどの栄養素が豊富に含まれています。

  • 鉄分
  • アミノ酸
  • カルシウム
  • 食物繊維
  • ポリフェノール

アマゾンの過酷な環境の中で育ったアサイーは、とても生命力が強い食材として数千年前からブラジル先住民の間で食されていました。

食べ物としてだけでなく民間療法としても日常的に使われてきました。

現地でしか食べられていなかったアサイーが世界的に有名になったのは、ハワイでアサイーボウルやアサイースムージーがメニューとして取り入れられていたのを、ハワイ好きのセレブなどが広めたため、といわれています。

見た目はブルーベリーに似た濃い藍色をしていますが、味はかなり薄めでほとんどなありません。

アサイーは収穫後24時間で鮮度が落ちて酸化してしまうので、冷凍する、パウダーに加工するなどしないとその栄養がなくなってしまいます。

今では、加工技術の進歩により、以前は現地でしか食せなかったものですが、今では世界中で食べられています。

ダイエットサポート

アサイーは栄養豊富なので、ダイエット中に不足しがちな栄養を低カロリーで摂取することができます。

アサイーには

  • ビタミン
  • ミネラル
  • 食物繊維

などバランスよく栄養素が含まれているので、ダイエット中の栄養不足を補ってくれるのです。

また、良質なアミノ酸をしっかりと摂れるのも魅力。

アサイーのポリフェノールは脂肪燃焼を促進する作用も期待できるので、内臓脂肪が気になる人は積極的にアサイーを摂取すると、美容効果とダイエット効果の両方が期待できるかもしれません。

アサイーは日本人に不足しがちなカルシウム、強力な抗酸化作用で女性の美しさを内側からサポートしてくれます。

アサイーの効果で特筆すべきは美肌効果です。

ブルーベリー、赤ワイン、なすなどにも含まれているアントシアニンは、身体を錆び付かせる活性酸素を取り除き、シミやシワ、たるみなどの肌のトラブルを予防してくれます。

このポリフェノールはアサイー100g中に4000~4500mgも含まれており、その量は

  • 赤ワインの約30倍
  • ブルーベリーの約18倍
  • チョコレートの約5倍

とされています。

貧血予防

アサイーには造血や細胞の新生、増殖には欠かせない葉酸が豊富に含まれています。

葉酸は新しい赤血球を作るために必要な栄養素で、葉酸が不足すると正常な赤血球が作られなくなり、貧血を引き起こす可能性があります。

これは鉄分不足の貧血とは区別して「悪性貧血」と呼ばれるものです。

また、鉄分も含まれているので、葉酸とダブルで貧血予防をサポートします。

アサイーの鉄分は牛レバーの約5倍と言われています。

鉄分の吸収をよくするビタミンCも入っているので、女性に不足しやすいミネラルをバランスよく摂取できます。

葉酸はビタミンB12と同時に摂取すると吸収がよくなるのでおすすめです。

便秘の解消と予防

アサイーには100g中に16.9gも食物繊維が入っていて、ごぼうの約3倍の食物繊維を摂取できます。

特にアサイーに含まれる水溶性食物繊維は、食べ物のかさを増して、消化吸収をゆっくりさせるという働きや、固い便を柔らかくして出しやすくするなどの働きがあります。

便が固いタイプの便秘の人は水溶性食物繊維がおすすめです。

美肌効果

アサイーにはオレイン酸とリノレン酸という2種類の不飽和脂肪酸が含まれています。

特にリノレン酸は必須脂肪酸とよばれ人の体内では生成することができないため、食べ物から摂る必要のある脂肪酸です。

この不飽和脂肪酸の働きでホルモンバランスを整えることにより、

  • 肌荒れの予防
  • 肌の老化防止
  • ストレスへの抵抗力

など様々な美容効果が期待できます。

骨粗しょう症の予防

アサイーは牛乳の約3倍のカルシウムを含み、「アマゾンのミルク」と呼ばれています。

カルシウムは丈夫な骨を作るだけでなく、イライラを鎮めたり、精神安定には欠かせない栄養素です。

悪玉コレステロールを減らす

アサイーに含まれる食物繊維は便のかさを増して排出しやすくすると同時に、悪玉コレステロールも排出してくれるので、腸内環境が改善されます。

また、不飽和脂肪酸にも悪玉コレステロール値を下げる作用があるので、相乗効果が期待できそうです。

疲労回復効果

スポーツ選手が疲労回復のために取り入れていることで話題になったアサイー。

アサイーに含まれるポリフェノールやビタミンE、ビタミンCには抗酸化作用がありますが、体内の活性酸素が酸化されて、過酸化脂質になるのを防ぎ、細胞の老化を防ぐという作用があるのです。

過酸化脂質が増えると細胞が壊れやすくなり、細胞の老化が進行してしまうのです。

またビタミンB群には糖質、脂質、タンパク質の代謝を促進する働きがあります。つまり、食べたものをエネルギーに変える効率がアップします。

これらの栄養素の働きにより、細胞の老化を防ぎ、エネルギー効率を高めることによって疲労回復効果が期待できるのです。

コンブチャマナを最安値で安全に購入するには公式サイト